パンダのえんがわ
同人やら手帳やら好きなものを気ままに更新中。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつか記憶からこぼれおちとしても

4022578025いつか記憶からこぼれおちるとしても
江國 香織
朝日新聞社 2002-11

by G-Tools


鉄拳少年の隣で読んでいた本です。
内容は女子校に通う高一の女の子の話で季節は冬。
今の時期に読むには少し暑い本でした。
恋愛物ではなく、女の子の話。どことなく「なつのひかり」に似ていると思いました。
女子高生特有の無敵っぽさが出ていて、自分が高校生の時とは違うなぁとか思いながら読みました。


感想・色んなタイプの女の子が出てくるけどどの子も何かをありらめている感じがした。「未来とかそういうのはないよ。あるのは今だけ」みたいな。それを儚いといっていいのか、少女特有のものなのかと思ったけどどっちも自分にはわからない物だ。
「ハルジョオン」という喫茶店がこの中に出てくるのですがどっかで聞いたことあるんだけど思いだせないな。はてはて。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ヨルボタル


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。