パンダのえんがわ
同人やら手帳やら好きなものを気ままに更新中。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ここ最近色々

長門さんblog用
ここ最近の色々
レツゴのオフ会申込しようと思ったら、締切が過ぎてた(涙)
今度から見かけたらすぐ、やろう…。

Pinky:st
クロミとマイメロを購入。可愛すぎで最近はよく、連れて出かけてます。
写真は貯め込み中。いいのをアップする予定。

7期が発表されましたね!画像みてめっさ可愛い!
しばらく画面から目が離せませんでした。
かわいいー☆三人ともかわいい☆また、濃い三人だが…。


最近、夏目漱石さんに心奪われ中です。
相方曰く「純文学にはまってる」らしいです。(ただ、純文学の定義をどこからするかは、また別問題)
「こころ」と「三四郎」を読了(そこからいくかって感じでが)
只今、「それから」を読んでます。

「こころ」プチ感想
高校の教科書で読んで、いつか全部ちゃんと読みたいと思っていたので「新潮社の夏の100冊」
で文庫のデザインが良かったので購入。
全部読んでみるとやっぱり良いです。漱石さん読みやすい。
日本史しっかり勉強しておいて良かったなと思ったのは、こういう小説読んでも当時のことが少し理解できるからかなと思った。高校の時は、ただ我武者羅に覚えただけだが。
感想らしい感想書いてないな。
読了後は、やっぱり打ちひしがれました。

…その後、ブログを読み返して1回既に読んでいたんですね自分!!しかも2年前に!!アホー、自分のアホー!うぁああああん!ということでうちには、「こころ」が2冊あります。しくしく。
自分の記憶力がもう信用できない。

その後、他の本も読みたくなった。
4101010137こころ (新潮文庫)
夏目 漱石
新潮社 1952-02

by G-Tools


で、「三四郎」
「こころ」より読みにくかった。読んでいくうちに段々なれた。
感想としては、当時の女性に対する考えがよーく分かった。
まあ、読んでて数か所イラッときたがまあ、当時のことなので仕方ないのかな。
…読んでると女性ってこうして立場を強くしてたのかなとか思った。
三四郎の行動にはイラっときたりしたな数か所。
「それから」読んで「門」を読んだらまた色々違うかも。
4101010048三四郎 (新潮文庫)
夏目 漱石
新潮社 1948-10

by G-Tools


暑いので涼みにいく場所を探し求めている最近です。
あちーなぁ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ヨルボタル


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。