パンダのえんがわ
同人やら手帳やら好きなものを気ままに更新中。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


そこに本屋があるじゃないか

いそがなくたって、そこに本屋があるじゃないか
高津淳・著 発行・サンブックス 発売・建築ジャーナル(1600円)

タイトル長いな。多分、今までこのブログで紹介した本の中で一番長いと思う。最近、文庫ばっかり読んでいたので久しぶりのハードカバーです。
内容は本屋の店長が書いているエッセイなのかな?とにかく本屋のことが書いてあります。出版業界などは暗い話が多いから自分はなるべくジョークを利かせて明るい話を書くということで読んでいると面白い。
見開き2ページで一つの話が終わるからすぐ読み終わった。一時間くらいかな。

フェアはどうすかとか本棚の並べ方とか平積みとか、本屋によく行く身としては本屋さんってこんな事苦労してるのねと思った。
読みやすいし、面白いので是非、読んでみてください。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ヨルボタル


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。