パンダのえんがわ
同人やら手帳やら好きなものを気ままに更新中。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こころ


久々に本の感想をば。
「こころ」を随分前に読了。
夏目漱石は読みやすいですね。

高校の時に読んで以来気になっていたので読める機会があって良かった。
以下感想。ネタばれあり。
三部構成。
第3部「先生の遺書」が高校の時に読んだ部分。大多数の高校生がここを国語で勉強すると思う。…なんでここを勉強するのだろう?まあ、読んで気になって最初の二つを読むきっかけになるのはいいと思う。

第1部
簡潔に言うと先生と主人公の出遭い。最初のうち、自分の中では先生が主人公のイメージは強かったのでちょっと違和感あり。読みつつこの頃の学生と今の学生の共通部分を見つけてほっとしたりする。学生は怠け者なり。
てか先生にぞっこんの主人公を見てなりやらニヤリ。

第2部
「先生と両親」ここは複雑だなと思った。うーん、人死ぬし、財産の話は出るしと結構、暗い(というか現実的)。主人公が職を見つける事にやる気が出ていないのを読んでて「まあ、そんなもんよね」と就活中の自分を思い出してみたり。…あんまり働くの好きじゃないみたい。主人公も自分も。

第3部
きました、ついにきました。高校の時に読んだ部分。でも高校の時はこの部の一部分しか読んでいなかったのですね。
先生が主人公になってます。何だか先生と主人公が似ているかもと思った部分。何度読んでも先生とKのやりとりは色々と思う。仲がいいのか悪いのか。男性の友情ってよくわからん。
K自殺のシーンは高校生の頃より敏感に反応しなかった。…感受性鈍くなったのでしょうか。あとわたしはここの文章がうまいなぁと思う。これは高校の頃から変わらない。

総合感想。
主人公はその後どうなったのでしょうかね。謎のまま終わる。
先生はただ「お嬢さん」を純白のままにしたかったからあんな風になったのではないかなと思った。以上。
久しぶりに明治あたりの歴史の勉強をもう一度したくなりました。
この夏はもう一冊くらい漱石の本を読みたいです。
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ヨルボタル


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。