パンダのえんがわ
同人やら手帳やら好きなものを気ままに更新中。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パレード


昨日に引き続き川上弘美さんの本です。
関係ないのですがこの本をアマゾンで検索しようとしたら一番始めに出てきたのはガンパレでした。…しかもペンギンの話だったようだ。…強力だなガンパレ。アニメ見た事ないしゲームもやった事ないが存在は知っているという。
自分の中で読書がフィーバー状態なのでしばらく本の感想が多くなると思います。勢い余って今日は3冊読み終えたという。ちょっと疲れたよ。
で、この本は昨日感想を書いた「センセイの鞄」のサイド・ストーリーです。
またセンセイとツキコさんの話が読めてよかった。
以下感想などです。
本全体でお話を表しているような本の作りになってます。
「センセイの鞄」は厚さが少々あったのに対し「パレード」はあまり厚さがありません。というか薄いです。
ぱらぱらと本全体を見てみると挿し絵が入ってますが読んでいるうちにこの挿し絵に何となく意味があるような気がします。
例えば赤い丸は天狗。あと畳の目の模様など。どれもこの話に関係のある物。一見そうは見えませんが。

今回の季節は夏が一応、舞台です。でも、お話の中でツキコさんがセンセイに話をしている時は季節が良くわからないです。
なんせ今回はセンセイが「ツキコさん、昔の話をしたください」とう所から始まっているのですから。

お酒も料理も出てきます。自分の中では素麺がヒット。
センセイがいくつも薬味を用意するシーンが出てきます。自分の家では食べたことのない薬味が出ているので今年の夏は試してみようかなと思ってます。
例えば紫蘇。これはさっぱりしてそうで美味しそうです。あとは茄子。こちらは煮た物が出ていたような気がします。
あと素麺はセンセイは食べやすいようにざるにある程度の束を作って載せるというのも興味深かったです。
自宅では氷水にいつも入れていたので。
食い意地がはっているのか食べ物が出てくると話が止まらないです。

ツキコさんが天狗といた事はびっくりでした。
でも小学生の頃ってそういのが一緒にいても違和感がないような。
天狗とか砂かけばばあと一緒にいるのってどんな感じなのかなぁ。
今回はツキコさんの話だったのでたんたんと読み終えてしまいました。
センセイとの会話もあるのですが自分にとっては小学生の頃のツキコさんの天狗の話が印象に残ってます。
終わり。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ヨルボタル


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。