パンダのえんがわ
同人やら手帳やら好きなものを気ままに更新中。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大人になるということ

4005003036大人になるということ
佐藤 忠男
岩波書店 1998-06

by G-Tools


大学の図書館の新書コーナーで目が引かれた一冊です。
大学生になってからも自分が大人ではないなと感じる事が多く、ちょっと気になったので借りて読んで見ました。
内容・簡単にいうとこの人の人生が書いてあります。それだけだとあんまり面白くないのですが第二時第二次大戦中に子供時代を送っていた人なので歴史の勉強になる内容でした。


感想・日本史がけっこう好きなので第二時第二次大戦中の民衆の生活が知れるのはすごく興味深かったです。実際に戦時中の話を聞く機会なんて今の世の中じゃあまりなかったのでこの本は勉強になります。
多分、書いた方はそういう事を伝えるために書いたんじゃないのだろうけど自分にはこっちの内容の方が印象に残っていました。
肝心に大人になるていうのはいまいちわからなかったですね。
読んでて退屈ではなかったです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

ヨルボタル


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


フリーエリア


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。